コハネ先生の食育

とっぷぺーじ  ▶  お楽しみコーナー  ▶  コハネ先生の食育

アクセスマップ

社会福祉法人いなり山会
わかくさ保育園

〒372-0801
群馬県伊勢崎市宮子町3550-1
TEL.0270-24-8859
http://www.wakakusahoikuen.ed.jp/

コハネ先生の食育

ハンバーグ(チーズイン)

ハンバーグ(チーズイン)のメニュー
  • 材料(子ども1人分)
  • 豚ひき肉 40g
  • 卵 5g
  • 玉ねぎ 20g
  • 人参 10g
  • パン粉 7g
  • 食塩 0.1g
  • 中濃ソース 6g
  • プロセスチーズ 7g
  • 揚げ油 適量
  1. 作り方
  2. 玉ねぎ、にんじんはみじん切り、チーズはさいの目に切る。
  3. ひき肉・玉ねぎ・にんじんを混ぜ合わせ、そこにパン粉・食塩を加えさらに混ぜ合わせる。
  4. 形を作って、真ん中にチーズを入れて俵型にする。
  5. 油を温めて、170度の油で揚げ中心までしっかり火を通す。
  6. 出来上がりにソースをかけて完成。
バックナンバー

コハネ先生のワンポイント

コハネ先生のちょこっと豆知識

チーズ

今月は、チーズについての豆知識をご紹介します!

  1. 生乳のたんぱく質を凝固させ水分を絞って作られます。100gのチーズを作るのに必要な牛乳は1000mlです。そのため、10倍の量の栄養素が凝縮されていることになります。
  2. 牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなる乳糖不耐症の人も、チーズなら問題なく食べることができます。
  3. カルシウムも豊富で、牛乳や小魚よりも少量で必要な量を摂ることができます。子供は丈夫な骨を作るために、お年寄りは骨折を防ぐためにカルシウムがたくさん必要であるため、毎日食べ続けるとよいです。
  4. 脂肪分も含まれているため、太りやすいと思われがちです。しかし、チーズの脂肪は細かい球状になっており燃焼しやすい形をしています。そして、チーズの脂質は腹持ちもいいため、チーズを食べると長い間空腹感を感じずに済みます。そのため、ダイエット中のおやつにはチーズがぴったりです。

トップへ戻る

このページのトップへ